弁護士と信託の活用で未然に防ぐ遺産相続トラブル

2015年1月から相続税の適用範囲が実質的に広がることもあり、遺産相続への関心が高まっています。インターネットや地域の「終活」スクールを利用して、遺言書の作成方法を学ぶ方も増えています。教会の信徒たちにも高齢の方がおりさすがメソジスト教会だけあって墓地・葬儀へ至る前の考え等も聖書的理解のもと学んでおります。

しかし、遺言書は厳格な法律行為ですので、些細な不備があっただけでも遺言書全体が無効になるリスクがあります。また、遺言書の法的効力に関係なく、その内容について相続人の間で折り合いがつかずにトラブルに発展するケースも少なくありません。

どうやったら遺族が揉めることのない遺産相続が叶うのでしょうか?

一つの方法に、信託を利用することが挙げられます。信託とは、第三者に自分の老後や死後の財産の活用を託して運用を任せることができる仕組みです。現在の法律では個人に委託することもできますので、社会的信用の高い弁護士や司法書士といった法律の専門家が信託を請け負うケースも増えています。

遺産相続の相談で信頼できる弁護士に巡り合えたら、信託を検討されてはいかがでしょうか?