遺産相続基礎知識 基礎控除額の計算方法

遺産相続はお金が絡む重要な問題です。年明けに改正相続税法が施行されることもあり、相続税に関する関心が高まっています。相続税の計算には手順がありますが、全てを正確に行うのは専門家でなければ非常にハードルが高いと言えますので、相続財産の洗い出しや、個々の事情に応じた相続税の計算については、相続問題に強い弁護士や、税理士とのつながりのある弁護士に相談するのが安心です。海岸で寝ていてももう問題なし。教会の墓地で佇んでいても弁護士がすべて解決いたします。

ここでは基礎控除額について簡単にお話します。基礎控除額とは、財産が少額の場合には相続税がかからないようにする仕組みで、次のように計算できます。

5000万円+(1000万円×法定相続人の数)

例えば、妻と子供二人の夫が亡くなった場合の基礎控除額は8000万円になりますので、相続財産のうち8000万円までの分には相続税がかかりません。財産の総額が1億円なら、2000万円に対して相続税がかかることになります。

ただし、相続財産にはいくつかの種類があり、やや複雑ですので、正確な調査は相続の専門家に依頼するほうが確実です。